新着情報

第44回 「留学準備に邁進①

2022.05.01 (Sun)  07:33

家康の朝鮮からの撤退命令文書

新発見と再発見.jpg

 豊臣秀吉は大軍を朝鮮半島に送り込んで多くの悲劇を生みました。現代のプーチンどころではない暴挙でした。「何人の命を奪ったか」を競わせ、その証拠として耳や鼻を持ち帰らせました。京都の方広寺にある鼻塚が有名ですよね。

 〝正義なき戦争〟で、しかも食糧や武器・弾薬の補給もなく苦戦を強いられた日本兵は、かの地で狂気の沙汰を繰り広げます。

 殺戮のみならず掠奪(特に人間)も横行し、日本軍が連行した朝鮮人の数は7万5千とも10万とも言われています。当時は人身売買が頻繁に行われており、人間は高価な〝商品〟だったのです。

 日本に連れて来られた朝鮮の子供や若者の多くは東南アジアやヨーロッパに売り飛ばされました。ここにはキリスト教布教を表看板にしたイエズス会が深く関わっていました。聖職者の仮面を被った連中が衝撃的なほど冷酷で、非人道的な性質を持っていたのです。

 その様な惨状を見かねていた徳川家康公は、秀吉の急逝後権力を握ると、直ちに日本軍に停戦を指示、即時撤退を命じたと言われています。

 その証拠となる手紙が発見されたとあります。来週にでも早速美術館に出かけて詳細を尋ねてきます。

1